会社 メイク

会社で好かれるメイク術

これから社会人になるという人、すでに社会人としてバリバリと働いているという人、
働く女性が一度は気になってしまうのが「職場に向いているメイク術」ではないでしょうか?
あまりにもハデなメイクは絶対にNGというのはもはや常識。
だからと言って、ナチュラルと言ってもスッピンなのは
これもまたNGです。

 

手抜きなのと、ナチュラルは似ているようでもまったく違うものなんです。

 

では、会社で好感度の高いメイクのポイントとはどんなものがあるのでしょうか?
いくつか大切なポイントをご紹介したいと思います。

 

ベースメイクは念入りに!

職場でも好感度の高いナチュラルメイクの基本はまずベースメイクからです。日々のお肌のケアから見直すのもいいでしょう。
キレイな肌は、元気の証なので、絶対に手を抜かないでやりたいものです。季節を問わず日焼け止め効果のあるメイクアップベースを丁寧に塗り、気になる目のクマや肌のシミなどはキチンとコンシーラーでカバーしましょう。
ファンデーションは自分の肌に合った色を選び、特に丁寧に塗っていきます。パウダーファンデーションの場合は、ブラシを使うと余分なパウダーが肌にのることがなく、ぴたっと仕上がります。
仕上げにベールをかけるようにパウダーを大きなブラシでサッと。

 

アイメイクは足し算引き算でナチュラルに作り込む

人の顔の印象を左右するのが目ですよね。アイメイクはメイクの要とも言えます。「大きく見せたいから」とあまりにもガッツリ強調してしまうというのはハデに見えてしまうのでNG。
アイシャドウはなるべく肌の色に馴染みやすい色を選びましょう。まつげはマスカラが好ましいですが、「どうしても付けまつげをつけたい!」という人は、目尻だけなどの部分用の、ナチュラルな付けまつげを。
ただし、マスカラや付けまつげ、アイラインは上のみにしましょう。
全部にガッツリを施してしまうと、バッチリすぎてハデな印象になりがちなので足し算と引き算は念入りにしましょう。

 

リップは強調しすぎない

リップは肌色に馴染みやすいカラーを選びましょう。
あまりにもリップを強調するカラーのものを選ぶと、下品な印象に仕上がってしまい嫌な印象を持つ人も多くなってしまいます。
アイメイクを強調したい人は、薄づきのリップグロスだけの方がいいかも知れませんね。

 

 

この3つのポイントを押さえれば、会社でも好感度の高いメイクに
仕上がること間違いなしですよ!